NFT

NFTの始め方・購入までの徹底解説【初心者向け完全攻略ロードマップ】

2023年1月8日

アフィリエイト広告を使用しています

 

困っている人
NFTを初めてみたいけど何か始めたら良いのかわからない。。教えてほしい。。

 

このようなお悩みを解説します。

NFTは購入まで「いくつものハードル」があります。僕も始めてた頃は、NFTを買うだけでとても苦労しました。。

 

現在「日本でNFTを購入している人は13,000人ほど」と言われております。

国内人口の「約0.0001%」ほどです。この記事を見ているあなたはすでに「NFT先駆者」です。

「初心者の方でも安心してNFTを購入できるように解説している」のでぜひ参考にしてください。

 

この記事でわかること

  1. NFTとは?
  2. NFTの始め方
  3. NFTの注意点

 

僕について

・エンジニアとしてNFT発行の実務経験あり

・90万越えの価値を持つNFTアートを所持  ※2023.1時点

・70以上のNFTを購入しOpenSeaを使用してきた経験

 

これから暗号資産を始めるなら「コインチェックでの口座開設がおすすめ」です。

 

コインチェック

・最短一日で取引開始

・アプリダウンロード数No.1

・500円からビットコインが買える

【無料】コインチェック口座開設はコチラ

※国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

※2022年5月金融庁暗号資産交換業者登録対象、Coincheck社調べ

 

NFTとは?

 

NFT(ノン・ファンジブル・トークン)とは、日本語に訳すと「非代替性デジタル資産」です。つまり他のデジタル資産と代替できず「唯一無二であることが証明」できます。

 

例えば以下のNFTは僕が所有権を持っています。

誰が所有しているのかは「ブロックチェーンによって刻まされている」ので簡単に証明ができます。

※正確に言うと、 NFTと紐付いてるウォレットアドレスが証明されています。

 

ではなぜ価値が生まれるのか
現在NFTの主流は「アート作品」ですが、なぜただの画像に価値がつくのでしょうか。

結論は以下の通り。

供給が限られるので需要が生まれる

 

これまで例を見てみると、ネット上の画像は「無限にコピー」ができました。

NFTの技術を使い、唯一無二であることが証明できるようになったので「供給を絞る」ことができます。

 

供給が減って需要が増えると価格は上昇」します。

なので時には「億」の価値がつくNFTが生まれます。

 

NFTついて詳細は別記事に書いてあるので詳細は以下よりどうぞ。

>>NFT(ノン・ファンジブル・トークン)とは何か?【初心者向けに向けに解説!】

参考NFT(ノン・ファンジブル・トークン)とは何か?【初心者向けに向けに解説!】

続きを見る

 

NFTの始め方

 

では早速NFTの始め方を紹介します。

 

NFTの始め方

  1. 暗号資産取引所で口座開設
  2. ETH(イーサ)を購入する
  3. 暗号資産ウォレットを作成
  4. 暗号資産をウォレットに送金
  5. OpenSeaでNFTを購入する

 

step
1
暗号資産取引所で口座開設

国内の暗号資産取引所を解説します。

初心者の方にオススメはコインチェックです。

コインチェック

 

理由は以下の通り。

・アプリが使いやすく、初心者に優しい

・国内アプリダウンロード数No.1

※国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

※2022年5月金融庁暗号資産交換業者登録対象、Coincheck社調べ

 

以下の記事で解説方法を紹介しているので参考にしてください🙇

>>コインチェックでの口座開設手順【初心者大歓迎!たっぷり画像で解説】

参考コインチェックでの口座開設手順【初心者大歓迎!たっぷり画像で解説】

続きを見る

 

【無料】コインチェック口座開設はコチラ

 

step
2
ETH(イーサ)を購入する

続いて暗号資産取引所でETH(イーサ)を購入します。

NFTマーケットプレイスのほとんどはETH(イーサ)で取引されるので、ETH(イーサ)があれば問題ありません。

 

以下の記事で暗号資産の購入方法を紹介しているので参考にしてみてください🙇

※ビットコインの購入方法ですが販売所の購入に関してはイーサでもやり方は変わりません。

>>コインチェックでのビットコイン購入方法【画像たっぷり!初心者でも簡単!】

参考コインチェックでのビットコイン購入方法【画像たっぷり!初心者でも簡単!】

続きを見る

 

step
3
暗号資産ウォレットを作成

暗号資産ウォレット「METAMASK」を作成します。

ウォレットは他にもたくさんありますが、「METAMASK」使用していれば問題ありません。

 

以下の記事でMETAMASKの作成方法を紹介していますので参考にしてください🙇

>>メタマスクとは?【わかりやすく画像付きでインストール方法も紹介】

参考メタマスクとは?【わかりやすく画像付きでインストール方法も紹介】

続きを見る

 

step
4
暗号資産をウォレットに送金

続いてETH(イーサ)をメタマスクに送金します。

 

注意

送金は慎重に行ってください。ミスをすると大切なお金がなくなります。

 

コインチェックからMETAMASKへの送金方法は以下の記事で紹介しています。

>>コインチェックからメタマスクにイーサリアムを送金する方法【誰でもできる!】

参考コインチェックからメタマスクにイーサリアムを送金する方法【誰でもできる!】

続きを見る

 

step
5
OpenSeaでNFTを購入する

送金が完了したら、NFTを購入する準備ができました!

OpenSeaでNFTを購入していきます。

 

OpenSeaは「世界で一番有名なNFTマーケットプレイス」です。

OpenSeaでのNFT購入方法は以下の記事で解説しています🙇

>>OpenSeaでNFTを購入する方法【完全初心者向けに解説!】

参考OpenSeaでNFTを購入する方法【完全初心者向けに解説!】

続きを見る

 

 

NFTの注意点

 

NFTを購入する際に注意点があります。

注意ポイント

①詐欺プロジェクトに注意

②シードフレーズの保管

 

詐欺プロジェクトに注意

 

事実、「NFTでは詐欺が横行」しています。

詐欺の方法は以下の通り。

有名プロジェクトサイトの偽サイトに誘導

→ウォレットを接続

→NFTを抜かれる

 

詐欺を防ぐポイント

・甘い話はない

・Twitter DMは詐欺

・Discord DMは詐欺

・怪しいサイトにはウォレットを接続しない

必ず徹底しましょう!

 

シードフレーズの保管

「METAMASK」は「パソコンにスクショ」で管理はせず、「手書きの紙」で保管しましょう。

パソコンに入れているとハッキングのリスクがあってシードフレーズを抜かれる危険性」もあります。

 

シードフレーズを抜かれるとNFT含め暗号資産全て失うことになるので保管は厳重にしましょう。

 

NFTや暗号資産業界は何がってもDYORで自己責任です。

 

参考

DYOR・・・

Do Your Own Research の略でこの暗号資産業界ではみなさん共通で認識を持っています。意味は「自分で調べろ」です。

NFTが盗まれても基本的に戻ってくることはありません。全て自己責任なので注意しましょうということです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

初めは難しく感じるかもしれませんが、この記事通りに行っていただければ安全に始められると思います。

NFTは購入して初めて「楽しさ」がわかるハズです。世の中に発展する前に、「先駆者」としてNFT を楽しみましょう!

 

 

最後にですが、僕が運営しているNFTコレクション「D-muscle-collection」について紹介です🙇

こちらの記事に詳細が記載してあるので興味が出た方は以下のボタンからコレクションを見ていただけると幸いです。

OpenSea

※金額は安いので最初のNFTにいかがでしょうか🙇

  • この記事を書いた人

dai

会社員→webコーダーしながらカナダに留学(2023~) NFT 英語 プログラミングを軸に発信しています。 NFTコレクション「D-muscle-collestions」運営。筋トレ好き。

-NFT