暗号資産

初心者向け!おすすめの暗号資産取引所3選【実体験に基づき忖度なし!】

2022年12月25日

アフィリエイト広告を使用しています

困っている人

暗号資産を手に入れたいけど、取引所がたくさんあってわからない・・

おすすめの暗号資産取引所を知りたいなぁ

このようなお悩みを解決する記事です。

 

こんにちはdaiです。

今回は数ある暗号資産取引所から私が愛用している取引所3つ紹介します!

筆者自身も暗号資産を始めた頃は「結局どこが良いの?」と悩んでいたので、そんな方向けに使いやすい取引所を激選しました。

 

僕について

・国内外5カ所以上の取引所開設歴あり

30万越えの価値を持つNFTアートを所持

・50以上のNFTを購入し取引所を使用してきた経験

いわゆる「億り人」ではありませんが暗号資産やNFTについて知見はあります。

 

結論は上記の通り。

どのように挙げた取引所が使いやすいのかそれぞれ説明していきます!忖度なしで使いにくいポイントも記載していますので参考にしてみてください。

 

コインチェック

コインチェック

 

僕が一番おすすめできるのはコインチェックです。理由は以下の通り。

 

コインチェック

  • 取引手数料が無料
  • 国内アプリダウンロード数No.1※
  • 初心者でも使いやすいデザイン性

※国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

※2022年5月金融庁暗号資産交換業者登録対象、Coincheck社調べ

 

コインチェックの特長は「初心者でも使いやすいデザイン性」です。

僕も始めて開設した暗号資産取引所はCoincheckです。入出金や暗号資産の購入も直感的で扱いやすいです。

 

 

ただし、以下の点に注意。

注意ポイント

送金手数料がかかる

 

暗号資産を買うだけならいいですが、「NFT」や「Defi」などの暗号資産を使うサービスを使用する予定がある方は送金手数料に注意です。

コインチェックだけが送金手数料を設けいている訳ではありません)

 

「NFT」や「Defi」を始めるには、お持ちの暗号資産(イーサなど)を「メタマスク」などのウォレットに送金しなければいけません。

 

Defiとは

暗号資産分散型取引所のこと。暗号資産の交換や「預けて増やす」ことができる現実世界でいう銀行のようなもの。

 

 

Coincheckで買った暗号資産をウォレットに送る時には「送金手数料」がかかります。

手数料は公式ページより確認できます。

 

「NFT取引」や「Defi」を始める際に一回で大きな金額を用意できればいいですが、少額で始めて頻繁に取引する場合は、ウォレット送金のたびに手数料がかかるので注意しましょう。

手数料は「%」ではなく「一律」なので送金の際は大きな金額を一気に送金したほうが良さそうですね。

 

ただやはりコインチェックは使いやすいので初心者の方はまず初めに口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

コインチェック

Coincheck口座開設はコチラから

 

コインチェックの口座開設方法はこちら👇

>>コインチェックでの口座開設手順【初心者大歓迎!たっぷり画像で解説】

参考コインチェックでの口座開設手順【初心者大歓迎!たっぷり画像で解説】

続きを見る

 

DMMBitcoin

 

続いてDMMbitcoinです。特長は以下の通り。

 

DMMbitcoin

  • 入出金手数料が無料
  • サポート体制が充実
  • スピーディーな口座開設

 

僕はコインチェックだけではなくDMMbitcoinも普段から使用しています。

 

理由:出金手数料が無料だから

僕は「一気にドン」っと資金を入れられず・・・少額でスタートしているので、頻繁に暗号資産取引所からウォレットに送金をしていました。

DMMbitcoinは送金手数料が無料なので僕のように「資金が足りなくなっては送る」というビビりにはとても便利です。

 

また僕が口座開設してみて感じたのが、「スピーディーな口座開設」です。最短1時間で口座開設できるので「早く取引したい!」といった方にはいいですね。

 

またサポート体制も万全で「24時間365日LINEでお問合せが可能」です。

初心者のうちは何かとムズカシイと感じることが多くあるので嬉しいサービスだと思います。

 

注意ポイント

送金に時間がかかる

送金手数料が無料なことは非常にありがたいですが、他の取引所と比べて「送金から着金までのスピードが遅い」です。僕の感覚では8時間〜12時間くらいの掛かると思います。

 

例えば「急ぎでNFT買いたいけどETH足りない!」なんて場合には注意が必要です。

時間に余裕を持っていれば「送金手数料タダ」は魅力的なのでサクッと口座開設をおすすめします。

 

DMMbitcoin口座開設はコチラから

 

ビットフライヤー

 

最後にビットフライヤーです。特長は以下の通り。

 

bitFlyer

  • 1円からビットコイン買える
  • 手数料を抑えてETH(イーサ)の購入ができる
  • ビットフライヤークレカでビットコインが貯まる

 

日本初ビットコインが貯まるクレカ

 

ビットフライヤーの大きな魅力が「日本初のビットコインが貯まるクレジットカード」です。

※ 株式会社ショッパーズアイ調べ 調査方法:国内に於ける暗号資産付与のクレジットカード展開状況に関するデスクリサーチ及びヒアリング調査(2 021年10月8日~20日) 調査対象:金融庁HP「暗号資産交換業者登録一覧」31社(2021年10月4日時点)

普段使いに使用すれば勝手にビットコインが貯まっていきます。僕の場合は本業の経費でbitFlyerのクレカを使用して約0.001BTC(4,000円ほど)貯まりました。

 

2種類のクレカがあり、それぞれ還元率が異なります。僕は普段使いに使用しているので黒のプラチナカードにしました。

T-POINT をビットコインに交換できるサービスも展開しており普段からT-POINTを貯めている人はお得になりますね。

(僕はT-POINTを普段使っていないので意味なかったです・・・)

 

1円からビットコインが買える」のも初心者に優しいですね。

また「ETH(イーサ)」を取引所で手数料を安く購入できるのもポイントの一つ。NFTやDappsを使う予定のある方は100%イーサを使います。

販売所で購入するのと手数料は約5%ほど変わります。bitFlyerを使用する大きなポイントです。

 

クレカでビットコインが貯まるのはbitFlyerだけ」なので口座開設してビットフライヤークレカをゲットしましょう!

bitFlyer口座開設はコチラから

 

ビットフライヤーでの口座開設方法はこちら👇

>>ビットフライヤーでの口座開設方法【無料・最短10分で開設可能】

参考ビットフライヤーでの口座開設方法【無料・最短10分で開設可能】

続きを見る

 

 

改めてまとめると・・・

 

コインチェック

・取引手数料が無料

・国内ダウンロード数No.1

・初心者でも扱いやすい優れたデザイン性

 

DMMbitcoin

・入出金手数料が無料

・サポート体制が充実

・スピーディーな口座開設

 

ビットフライヤー

・1円からビットコイン買える

・手数料を抑えてETH(イーサ)の購入ができる

・ビットフライヤークレカでビットコインが貯まる

 

今回紹介した取引所はそれぞれ特長があるので口座開設は1つではなく、複数持つことが一般的です。

理由は以下の通り。

 

・リスクの分散化

・それぞれ長所を活かす

 

それぞれ長所と短所があるのであなたの中で使いやすいメインバンクを一つ決めてあとは特長によって使い分けることがベストでしょう。

僕の場合は以下のように使い分けています。

コインチェック:ビットコインの購入

DMMBitcoin:イーサの購入や送金

ビットフライヤー:クレカサービスの利用やイーサの購入

 

またハッキングやシステムエラーに対する対策も考えておきましょう。

もしどこかの取引所がハッキング被害にあったとしてもすぐに別の取引所に資金を移せるように準備が必要です。

 

今はまだ安全ですが100%保証されるわけではありません。

暗号資産業界は「何があっても自己責任」が基本です。自分の身は自分で守るしかないのでさまざまなリスクにヘッジしておく必要があります。

 

初心者にオススメなのはコインチェック!

コインチェック

 

初心者のうちは手数料が安いことも大事ですが、「使いやすさ」を重視した方が良いです。暗号資産はもし何か手違いを起こしてしまうと「大切なお金」を失うことになります。

 

僕も一番最初に口座開設したのはコインチェックで暗号資産の購入や、送金に関して困ったことは一度もありません

わからないことがあっても「国内アプリダウンロード数No.1」なだけあって情報がたくさんあります。

暗号資産を始めるならまずはコインチェックで口座開設することをおすすめします。

 

Coincheck口座開設はコチラから

※国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

※2022年5月金融庁暗号資産交換業者登録対象、Coincheck社調べ

 

というわけで今回は以上です。

何かご質問等あれば僕のTwitterでDMください。可能な限りなんでもお答えします。

NFTやメタバースを楽しむ際に必ず必要なのが暗号資産です。

まだまだ黎明期でムズカシイこともありますが、一緒に楽しんでいきましょう!

 

最後にですが、僕が運営しているNFTコレクション「D-muscle-collection」について紹介です🙇

こちらの記事に詳細が記載してあります。興味がある方は以下のボタンからコレクションを見ていただけると幸いです。

OpenSea

 

 

  • この記事を書いた人

dai

会社員→webコーダーしながらカナダに留学(2023~) NFT 英語 プログラミングを軸に発信しています。 NFTコレクション「D-muscle-collestions」運営。筋トレ好き。

-暗号資産