暗号資産

ビットフライヤーでの口座開設方法【無料・最短10分で開設可能】

2023年1月9日

アフィリエイト広告を使用しています

 

困っている人
ビットフライヤーでの口座開設方法を教えてほしい・・難しいのかな・・

 

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • bitFlyer(ビットフライヤー)での口座開設方法

 

今回は人気の暗号資産取引所ビットフライヤーの口座開設方法を画像をたっぷり使って紹介します。

本記事を参考にしてラクして口座解説してくださいね!

 

\無料10分・かんたん口座開設/

ビットフライヤー口座開設はコチラ

 

口座開設手順5STEP

  1. アカウント登録
  2. 2段階認証
  3. 本人情報登録・取引目的の登録
  4. 本人確認資料の提出
  5. 銀行口座の登録

 

step
1
アカウント登録

 

「新規登録」 or 「メールアドレスを入力」を選択する

※今回は「新規登録」で行いました。

 

メールアドレスを入力して「無料で登録する」をクリック

 

メールが来るので「キーワードを入力」or 「リンクをクリック」を選択

※今回は「キーワードを入力」を選択しました。

 

先ほどの「キーワードを入力」して「次を」クリック

 

パスワードの設定を行います。

※招待コードをお持ちであればここで入力します。

 

規約の同意にチェックをして「同意する」をクリックする

 

step
2
2段階認証

続いて2段階認証です。

 

「携帯電話のSMSで受け取る」を選択

※他の二種でも問題ありませんが、携帯で認証する方がスピーディにできます。

 

電話番号を入力

 

電話番号にきた認証コードを入力する

2段階認証が終わるとマイページにアクセスできるようになります。

 

step
3
本人情報登録・取引目的の登録

続いて、本人情報の登録と取引目的の登録を行います。

右側の「未入力・未確認」の欄を登録していきます。

 

必須箇所全て埋めて「次へ」をクリック

 

 

電話番号を入力して「入力内容を確認する」をクリック

※2段階認証で携帯電話の番号を登録していれば最初から入力してあります。

 

入力内容に間違いないか確認して間違いがなけれな「登録する」をクリック

 

以下の画面が出れば完了です。

「続けて取引目的等の入力する」をクリック

 

チェックを入れて「次へ」をクリック

 

該当する職業を選択して「次へ」をクリック

 

必須箇所を全て入力して「次へ」をクリック

 

該当する項目を選び「次へ」をクリック

 

該当する項目を選び「入力内容を確認する」をクリック

 

入力内容に間違いないか確認して間違いがなけれな「登録する」をクリック

以下の画面になれば完了です。

「続けてご本人確認資料を提出する」をクリック

 

step
4
本人確認資料の提出

本人確認は「クイック本人確認」で行います

※簡単かつスピーディにできます。

以下いずれかの証明書を用意して手順に従い、本人確認を完了させましょう。

対応資料

・在留カード

・運転免許証

・マイナンバーカード

bitFlyer公式サイトでわかりやすく説明されています。

 

以下の赤枠のようになれば最後に「銀行口座情報確認」を行います。

 

step
5
銀行口座の登録

 

枠内の必要事項を入力して銀行口座の登録を行います

 

早ければ5分ほどで登録が完了します

 

以上で口座開設は終了です。

今回はPC画面での解説でしたが、スマホでもやることは同じです。

 

個人的には暗号資産関連サービスの登録をする際はPCをオススメします。

なぜなら単純にPC画面の方が見やすく間違いをしにくいからです。お金が直接関わってくるので慎重に登録を進めてくださいね。

 

次は実際に暗号資産を購入してみましょう

>>ビットフライヤーで暗号資産を購入する方法【初心者でも簡単購入!】

参考ビットフライヤーで暗号資産を購入する方法【初心者でも簡単購入!】

続きを見る

 

ビットフライヤーを使うメリットは以下の通り!

ポイント

・1円からビットコイン買える

・手数料を抑えてETH(イーサ)の購入ができる

・ビットフライヤークレカでビットコインが貯まる

\無料10分・かんたん口座開設/

ビットフライヤー口座開設はコチラ

 

 

最後にですが、僕が運営しているNFTコレクション「D-muscle-collection」について紹介です🙇

こちらの記事に詳細が記載してあるので興味が出た方は以下のボタンからコレクションを見ていただけると幸いです。

OpenSea

 

  • この記事を書いた人

dai

会社員→webコーダーしながらカナダに留学(2023~) NFT 英語 プログラミングを軸に発信しています。 NFTコレクション「D-muscle-collestions」運営。筋トレ好き。

-暗号資産